こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

カテゴリー : こぶたとスノーボード

4月なのにまさかのパウダー♪

4月3日・4日と気の知れたアウトローなアウトドアの仲間達と白馬へ行ってきました。

冬になると他大学の集中授業で会うナンチャン(夏のナンチャンは知らない)、はじまめしてのナンチャン妻・葉さん、サバニレースや夏のシーカヤックで会う山本さん(冬のセッションは初)、そしてボスと私。

栂池のゲレンデはこの時期はもうザクザクの春スキー。しかも夕方には青氷の超アイスバーン。
なんな中、私たちはビーコンなどの装備を調え、登山届を提出し、ゴンドラとロープ−ウェイを乗り継いで山頂へ。

山頂までの片道切符です。

そしてそこから初日は約1時間、2日目は約2時間ハイクアップしました。

初日の山はスノーシューを履いても膝上まで埋まるほど。山本さん、ラッセルありがとう!
少しでも長くパウダーを滑るために、ひたすら歩きました。
2日間とも快晴、しかもパウダー最高でした

今シーズンは2月に雨が降り、急ピッチでゲレンデから雪がなくなっていたので、あまり期待せずに白馬へ向かいましたが、4月になって降雪しかもパウダーなんて、地元の人も驚いていました。
夜のうちに雪が降り、翌日はパウダーだとわかると仕事も休んで山へ入ってくる強者ばかりでした。

あ、私たちもか。

こんな最高の景色は歩いた人だけのご褒美。
これをおかずにして食べるランチは最高です。

今シーズンはパウダー滑らなかったなあ・・・
なんて思っていたけど、シーズン終わりに最高のパウダーをお腹いっぱいいただきました。

こういう刺激的な活動をしていると、整備されすぎたゲレンデで上手く滑ってもまだまだだな・・・って気持ちになっちゃいますね。

自分でコースを選び、シュプールを残す。
雪崩の危険性や雪庇の判断はすべて自己判断、自己責任。

また来年も同じ仲間で合宿することを決めました。

2月はスノースポーツ実習三昧

例年のごとく、2月はいろいろな大学でスキーやスノーボードの実習指導にお声がけいただきます。

ありがたいです。

でも、2月はどうして28日しかないのでしょう・・・
短すぎます。
足りません。

お世話になりました各大学の関係者の皆さま、ありがとうございました。
また、偶然にも私の指導班になった学生の皆さん、ぜひまたスキー場で会いたいですね。

中央大学文学部の実習中日クロスカントリースキー。いつもなら木は真っ白なのに。やはり雪が少ないです。
信州大学の中日は例年なら根子岳ハイクアップからのツリーランですが、これも少雪のため雪上運動会に変更!

ルスツのパウダーは初日に楽しむ!

スノーボード研究会研修会でルスツへ行ってきました。研修会初日の午前中は講師陣とゲレンデ巡り。
実は、この時間が一番楽しいかも。

八木橋綱三先生(やぎさん)、小玉正志先生(園長せんせー)、飛内伸也先生(トビー)、進藤正勝先生(まさにぃ)
今年も良い指導をありがとうございました!

カメラを向けるとみんな手を上げるのは何故?

大学スキー研究会にて元スキー・スノーボード技術選手権チャンピオンのレッスンが受けられる

2019年のスタートとなる活動は、1月3日〜6日大学スキー研究会に参加(研修会担当運営)してきました。今年も70名近い参加者申込みがあり、満員御礼です。一時は分宿にしないと宿に入りきらないかも・・・なんて心配もありましたが、分宿もなく、参加をお断りすることもなく、充実した研修会となりました。

この盛況ぶりは、昨年からの企画で日本スキー連盟がデモンストレーターを選出する大会でもある全日本技術選手権に出場し、優勝経験のあるお二人をお招きして、通常の講習に加えて「デモに学ぶスキー」「デモに学ぶスノーボード」という選択プログラムを入れた影響もあるのではないかと思われます。

お招きしたのは昨年に引き続き、宮下征樹さん(元SAJナショナルデモンストレーター・全日本スキー技術選手権体優勝)、林一三さん(元SAJデモンストレーター・全日本スノーボード技術選手権体優勝)。
技術選手権を見たことのある人なら納得のいく、いわゆる大会で「得点がでる滑り」を教えてくれました。
私のスノーボード練習ノートにまたページが加わりました。

林一三さんによる理論研修。林さんが現役だった頃、大会現地でビデオ撮ったなあ。

4月の活動報告

3月31日〜4月2日 スクーバダイビング指導員研修会 札幌会場で講義をさせていただきました

日本体育協会が発行するスクーバダイビング指導員資格の更新講習会にて、PADIの一指導員である私がお話をさせていただく機会をいただき、せっかくいただいた機会ですので行かせていただきました。

私が現地ショップで指導員として働いていた頃の事故やトラブル、また、近年調査研究をすすめてきたスクーバダイビングに関する報告をさせていただきました。

そして、4月の札幌。
スノーシーズンは最後ではなかった!

テレマークのボスと、空き時間にテイネ・ルスツでシーズン最後の練習をしてきました
やっぱり北海道ではジンギスカンが食べたくなります

9日 1年生の東京湾クルージングをお見送り

1年生の1泊乗船体験を学内のポンドから見送ってきました。
今年は風が少し強そうですが、天気も良くそれほど大荒れにはならないでしょう。
・・・それでも船酔いは出るでしょうね。

 

10日 プロフリーダイバーの岡本美鈴さんが2年生の授業にゲストスピーカーとして飛び入り参加!

たまたま大学に来てもらう約束があり、美鈴さんが「こっそりボスの授業に参加したい」と言っていましたが、結局色々なお話しをしていただいてしまいました。

学生たちもあまり身近な競技ではないフリーダイビングについて興味津々。
ひっきりなしに質問が飛び交いました。

私たちは学生の頃から隣の席にアスリートが座っていることも当たり前の環境でしたが、スポーツに特化していない大学ではアスリートに会える機会は貴重な時間になったようです。

実際のモノフィンの大きさに驚く学生たち
アフター5には焼き鳥屋さんでミーティングさせていただきました

21日〜23日 スクーバダイビング指導員研修会 沖縄会場

今回はボスが講師だったので、私は調査も含めて同行させていただきました。

何の調査かというと・・・

私たちが毎年参加させてもらっているサバニ(沖縄伝統舟)の、現在では片手くらいしかいないとされる船大工の大城清さんにお話しを伺ってきました。

レースでも面識があるため、快く話をしてくださいました。まさにサバニの生き字引。
現在制作中(修理?)のサバニを見せていただきました。私たちの舟より一回り大きい8mサイズ。
ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE