こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

カテゴリー : こぶたが眺めたもの

4月なのにまさかのパウダー♪

4月3日・4日と気の知れたアウトローなアウトドアの仲間達と白馬へ行ってきました。

冬になると他大学の集中授業で会うナンチャン(夏のナンチャンは知らない)、はじまめしてのナンチャン妻・葉さん、サバニレースや夏のシーカヤックで会う山本さん(冬のセッションは初)、そしてボスと私。

栂池のゲレンデはこの時期はもうザクザクの春スキー。しかも夕方には青氷の超アイスバーン。
なんな中、私たちはビーコンなどの装備を調え、登山届を提出し、ゴンドラとロープ−ウェイを乗り継いで山頂へ。

山頂までの片道切符です。

そしてそこから初日は約1時間、2日目は約2時間ハイクアップしました。

初日の山はスノーシューを履いても膝上まで埋まるほど。山本さん、ラッセルありがとう!
少しでも長くパウダーを滑るために、ひたすら歩きました。
2日間とも快晴、しかもパウダー最高でした

今シーズンは2月に雨が降り、急ピッチでゲレンデから雪がなくなっていたので、あまり期待せずに白馬へ向かいましたが、4月になって降雪しかもパウダーなんて、地元の人も驚いていました。
夜のうちに雪が降り、翌日はパウダーだとわかると仕事も休んで山へ入ってくる強者ばかりでした。

あ、私たちもか。

こんな最高の景色は歩いた人だけのご褒美。
これをおかずにして食べるランチは最高です。

今シーズンはパウダー滑らなかったなあ・・・
なんて思っていたけど、シーズン終わりに最高のパウダーをお腹いっぱいいただきました。

こういう刺激的な活動をしていると、整備されすぎたゲレンデで上手く滑ってもまだまだだな・・・って気持ちになっちゃいますね。

自分でコースを選び、シュプールを残す。
雪崩の危険性や雪庇の判断はすべて自己判断、自己責任。

また来年も同じ仲間で合宿することを決めました。

ヤマハジュニアヨットレースを見学

3月21〜23日浜名湖で開催されているジュニアヨットレースを海上から見させていただく機会をいただきました。
1日目は微風、2日目・3日目は18ノット前後の風が吹く中のレースとなりましたが、小学生から高校生まで、みんな寒いなか良く風をつかんで走り抜けていました。

レースをみていると
私も子どもの頃にヨットやっていれば・・・と思う瞬間。

微風に強い選手、強風に強い選手、せっかく3位で走っていたのに船のトラブルでリタイアして悔し泣きしている女の子・・・。
海上ではたったひとり。
自分で考え、対処しないといけないスポーツ。
人として強くなりますね。

都会の裏側の風景を眺めてきました

10月13・14日、本学品川キャンパスからカヤックにて運河・河川の水質調査をする環境教育に関する実習のお手伝いをさせていただきました。

大学のポンドでカヤック練習をおこない、翌日は天王洲運河〜古川水門〜古川橋までの往復(約14km)を約5時間かけてカヤックで漕いできました。
地上で言えば、品川から東京タワーを通過し、麻布十番当たりまで。
運河から見える風景はまさに東京の裏側、ビルの裏側、いろんな裏側。

私はラッキーガールなのか?

9月最終週、関東学生ヨット連盟の予選があり、初めて支援艇から本校の応援をさせていただきました。

この日は予選でしたが、翌日の海上予報が悪く1日繰り上げとなり、予選は1日のみで4レースの得点となりました。
なんと、本校は予選3位で本選出場を果たしました。

本選はシード校が加わり厳しいレースとなるでしょうが、持っている力を発揮していただきたいと思います。

初めて支援艇に乗せていただいたレースが3位。ラッキーガール。

日本海洋人間学会学会大会

9月22日(土)23日(日)は日本海洋人間学会第7回大会でした。

今年の基調講演にはプロフリーダイバーの篠宮龍三さん。
以前にも実習に来ていただいたり、何かと一緒にお仕事をさせていただいています。

現役を引退した現在は、彼が指導をしている後輩たちが世界を舞台に頑張っています。

久しぶりの再開に感謝。

 

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE