こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

アーカイブ : 2018年の投稿記事

都会の裏側の風景を眺めてきました

10月13・14日、本学品川キャンパスからカヤックにて運河・河川の水質調査をする環境教育に関する実習のお手伝いをさせていただきました。

大学のポンドでカヤック練習をおこない、翌日は天王洲運河〜古川水門〜古川橋までの往復(約14km)を約5時間かけてカヤックで漕いできました。
地上で言えば、品川から東京タワーを通過し、麻布十番当たりまで。
運河から見える風景はまさに東京の裏側、ビルの裏側、いろんな裏側。

大学所有の練習船の前で基礎練習大学所有の練習船の前で基本練習 ポンドから天王洲水門をくぐり、調査がスタート 都会のビルやタワーマンションを眺めならのカヤックは、自然の中を漕ぐのとまた違った楽しさがあります 頭上には首都高速。両岸には屋形船。不思議な光景。

 

 

 

 

 

 

古川水門を抜け、古川に入るとホームレス村がありました 東京タワーが見えるところまで漕いできたとは! 初めてカヤックを漕いだ学生もずいぶん慣れてきました。帰りは余裕も見えてきました

私はラッキーガールなのか?

9月最終週、関東学生ヨット連盟の予選があり、初めて支援艇から本校の応援をさせていただきました。

この日は予選でしたが、翌日の海上予報が悪く1日繰り上げとなり、予選は1日のみで4レースの得点となりました。
なんと、本校は予選3位で本選出場を果たしました。

本選はシード校が加わり厳しいレースとなるでしょうが、持っている力を発揮していただきたいと思います。

初めて支援艇に乗せていただいたレースが3位。ラッキーガール。

日本海洋人間学会学会大会

9月22日(土)23日(日)は日本海洋人間学会第7回大会でした。

今年の基調講演にはプロフリーダイバーの篠宮龍三さん。
以前にも実習に来ていただいたり、何かと一緒にお仕事をさせていただいています。

現役を引退した現在は、彼が指導をしている後輩たちが世界を舞台に頑張っています。

久しぶりの再開に感謝。

台風直後の海で都留文科大学の実習

沼津にて都留文科大学の実習のお手伝いをさせていただきました。

台風が通過した直後の海とは思えない魚影の濃さで気持ち良い海でした。

実習はスノーケリングとスキンダイビングを中心に実施しました 気づけばタカベの群れに囲まれていました。気持ちの良い海でした〜

佐渡アイアンマンレースのサポート

9月初め、2年ぶりの佐渡におりました。

ボスが出場するアイアンマンレースのサポートです。

カーフェリー乗り場は早朝にも関わらず選手の車が行列を作っています フェリーの通路にも輪行ケースが並んでいます 6:00Aタイプスイムスタート!長い1日が始まりました 選手が泳ぐだけで流れが発生します ボスのスタートを見送った直後、タイプBのアップにオリンピアンの松田丈志選手を発見! 地元の応援が温かいです。バイク100km地点で小さなチアリーダーが声援を送っていました ランのコースは風情溢れる田んぼの真ん中を走ります 気がつけばあたりは真っ暗。でもランはまだまだ半分。ここからが辛い、頑張りどころ 毎回ゴールの景色は感動します。選手の皆さんにはリスペクトの気持ちしかありません。私が完走できる日は来るのか?!
ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE