こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

最近の記事

白石康次郎さんVandee Glove報告会

3月2日 八芳園にて、海の男として尊敬する白石康次郎さんが昨年挑戦していたVandee Glove(世界単独無寄港ヨットレース)の報告会にお邪魔させていただきました。

レース中は毎日その行方が気になっていましたが、康次郎さんの船は南氷洋に入る手前でマストが折れ、残念ながらリタイアとなってしまいました。
しかし、康次郎さんは「神様は僕の命までは取らなかった。また顔を洗って出直してこいと言われているようだ。」と、誰よりも悔しい気持ちを抑えて話してくれました。

誰でもできることではない冒険に立ち向かう姿に何度も泣きそうになりました。

次回のレースは2020年。レース2年前から現地で準備を始めるそうです。

何もできませんが、白石康次郎さんを応援しています。

2月の実習まとめ

2月5日〜10日 中央大学文学部・総合政策学部スキー実習@赤倉温泉スキー場

しんしんと降る雪の中、森の奥へと進むのがまた静かで良いです

2月12日〜15日 十文字女子大学シーズンスポーツ@湯の丸高原スキー場

保健室係の4年生からの心遣いは女子大ならではの光景です

2月20日〜24日 信州大学スキー実習@菅平高原スキー場

登りはしんどいですが、景色は最高です

2月27日〜3月2日 埼玉県立大学スノースポーツ実習@菅平高原スキー場

2月は毎年のことながら長いロードでした。
スキーやスノーボード指導だけではなく、クロスカントリースキーで誰も入っていない森の中を歩いたり、根子岳を目指して登頂・ツリーランで降りてきたりと、雪山をいろいろなかたちで楽しむことができました。

スノーボード研究会@ルスツ

1月24日〜27日 スノーボード研究会 研修会のためルスツにやってきました。

今年の講師は八木橋先生(青森県スキー連盟理事)、小玉先生(全日本スキー連盟スノーボード技術委員・弘前大学)、進藤正勝さん(元全日本スキー連盟スノーボードデモンストレーター)、飛内伸也トビさん(青森県スキー連盟スノーボードデモンストレーター・青森県スキー連盟スノーボード技術委員・Rヶ所高校)とスペシャルメンバーでした。
こんな素晴らしい指導者に指導いただけて、ルスツまで来た甲斐があるってものです。
8割方ツリーランでした。ここでしか味わえない環境。ここだからこそチャレンジできる滑り。どんなところでも、楽しく滑ることができることを目標とする「トータル・スノーボーディング」を身をもって研修してきました。

羊蹄山まで姿を見せてくれました

2017年1月前半の活動報告

2017年も明けて既に3ヶ月。

スノースポーツシーズンは(夏のシーズンもですが)まったくHP更新できておりませんでした。

1月の活動をまとめて報告いたします。

 

1月3日〜6日 大学スキー研究会(菅平高原スキー場)

私は毎年、この時ばかりはスキーの研修をさせていただいております。
スノーボードは選択活動の半日のみ。
ボードを履きたい気持ちをグッと抑えて、また、ボード仲間の先生たちからの冷たい目を見ないふりして、スキー1級をいただいたスキルをなんとか維持するために頑張っています。
また、今年の研修は「雪上でもし事故が起きたら・・・」ということで、雪上での応急処置およびレスキュー法を研修させていただきました。まだまだ、応急セットを持たずに実習指導されている先生が多いことが気になるところ。

 

1月7日〜10日 明治大学基礎教養ゼミスノーボード合宿(湯の丸高原スキー場)

昨年ほどの雪不足ではありませんでしたが、雪は硬いアイスバーン状態の場所もあり悪戦苦闘しました。しかし、ゼミ生の「ボードが滑れるようになりたい」気持ちが強く、千足先生の力もお借りして初心者から初級者へ見事に上達してくれました。
教えたからには今後も続けてもらいたいものです。

 

 

1月21日〜22日 CNAC(海に学ぶ体験活動協議会)全国フォーラム

今年は会場が品川キャンパスであったこともあり、参加することができました。
2日目のプログラムは東京湾クルーズ。地元区議会議員の方がこの地域と運河・東京湾との関係をわかりやすくお話しくださいました。
キャンパス裏の高浜運河(芝浦アイランド)から東京湾へ出てレインボーブリッジ・お台場経由で戻ってきました。
お天気も良く、クルーズ日和でした。

いつものランニングコースですが、水上からの目線はいつも新しい発見があります

2016年もありがとうございました

あっという間に大晦日。

やはり夏以降は忙しさのあまり、こまめにアップできずにいましたが、今年の出来事は今年のうちに片付けておこうと思います。

今年は母が健康診断で不調が見つかり、大学病院を紹介されて調べてもらったら結石があることがわかり、簡単な入院を2回。長年結石が詰まらせて腎臓を弱らせていたようです。
それでも大事に至らずホッとしました。

今度は私も長年温めていた爆弾をいよいよ取ることに決めました。年明け(春休みくらいかな)に手術をする予定。特に体調の変化はないのですが、担当の先生が代わり「切りましょう」と。これも何かのきっかけだと思うことにしました。

命に関わることになる前に。

命あってこそサバニレースにも出られるし、海で泳ぐこともできる。1ヶ月で運動しても良いとのことなので、冬の実習が落ち着いたところでやってしまおうかと。重傷な病気ではありませんのでご心配なく。

 

と言うことで、スノースポーツシーズンも始まりました。

今年は新しい相棒(ボード)と雪の上を滑りまくりたいと思います。

 

みなさま、良いお年を!

2017年もよろしくお願いします!!

 

青森県指導員研修会で色々な人たちと久しぶりのセッション
ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE