こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

中本さんちは37m

おもに石垣島付近に生息しているといわれているナカモトイロワケハゼを見てきました。
このナカモトさん、砂地のビンやカンに住んでいます。
体長2cmあるかな?・・・ってくらい。
私のようにちびっ子です。
牛乳飲んでもでかくなりません。
Lovely
DSCF0849.jpg
体は黄色く、目はグリーン、背中に白いラインが入っていてなかなかシュールだね。
イメージとしては伊豆半島で見ることができるミジンベニハゼの沖縄に住む親戚って感じ
私はこの子に会うため、水深37mへ・・・
寄り道をしていると水底での時間が制限されてしまうため(ダイビングでは体内の残留窒素を一定以上溜め込まないために深い深度では長時間いられない)、ボートから飛び込んだら一気に潜降!
5分もしないでナカモトさんち上空(水深25mくらいかな)にたどり着き、私たちは待機。
ガイドのKさんがナカモトさんの家をノックします(笑)
そう、水底にはナカモトさんが住んでいるビンが5?6個落ちているんです!
Kさんは在宅中のナカモトさんを見つけ、上空で大気中の私たちを呼んでくれました!
いよいよ着底?。
砂煙をたてないようにそーっと着底し、しかも臆病なナカモトさんをビックリさせないようにほふく前進で近づいていきます!
写真を1カット撮る毎に1歩近づき・・・
ナカモト親子が「わざわざ東京から来たのぉ?」と、こちらをのぞき込んでいます。
DSCF1266.jpg
着底してナカモトさんに挨拶していたら・・・
私のダイブコンピューターがピーピー鳴りだした
見るとDECO(深度が深い・潜水時間が長いなどの理由から、体内の残留窒素が多くなるため、強制的に減圧をしなければいけなくなるリミットのこと)まで5分じゃあないですかっっ
仕方ない。
3分を切ったらナカモトさんとバイバイしようと決め、最後のワンショットを撮らしてもらってきました?
また来るね?

コメント

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE