こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

カテゴリー : こぶたとサバニ

サバニ帆漕レース完漕!!

6月29日(土)マリリンカップ(島内レース:座間味港〜安室島周回〜古座間味ビーチ7.4km)、6月30日(日)に第20回サバニ帆漕レース(古座間味ビーチ〜那覇港海峡横断レース 約36km)を完漕してきました。

マリリンカップ    1時間21分(サバニクラス14チーム中10位)
慶良間海峡横断レース 5時間45分(サバニクラス12チーム中9位)

マリリンカップは千足耕一艇長と私の他、現役ゼミ生の2名(安本源・4年、木藤拓也・M1)の4名で漕ぎきりました。
本レースは千足耕一艇長と私の他、小林遼太(2014院卒)、松本秀夫(東海大学)でスタートし、外洋は2mを超える大きなうねりのなかゴールを目指しました。

今年はその他に坂本宏史くん・田中利憲くん(2011学部卒)が参画し、今年で3回目の参加となる松本行弘さん(朝日新聞社)が参加してくださいました。

また、何よりもいつもチーム津梁をサポートしてくださる伴走艇であるヨットまんぼうオーナーの宮良辰也さん、寺澤寿一さんには、今年も多大なるサポートをしていただきました。

事前合宿では兄弟船であるチームニヌハの仲村忠明さんにも乗っていただき、技術面・精神面におけるご指導をいただきました。
レース後には、「スピードを求めるにはもう1つの帆を使った方が良かったかもしれないが、完漕したことに意味がある」と言っていただき、さらにもっと強くなりたい気持ちが強くなりました。

GW合宿で一緒に乗っていただいた大竹口さんたち。本レースも応援のため座間味に来島してくださいました
直前合宿に合流してたくさんのことを教えていただいた仲村さん。私たちのサバニは「じゃじゃ馬」だそうです・笑

そして、総監督である山城洋輔さんは心穏やかではなかったかもしれませんが、最後まで暖かく見守ってくださいました。

私たちチーム津梁は、東京のチームでありながら沖縄本島・座間味島の多くの方々に支えられております。
関わってくださったたくさんの方に感謝致します。

スタート直後のチーム津梁

チームの松本行弘さんが朝日新聞デジタルに第20回サバニ帆漕レースについてサバニレースに挑む東京海洋大学チームについて記事を書いてくださいました。

 

平成も令和もサバニ三昧

令和になって1週間が経ちました。

これと言って特に変わったこともなく、いつもと違うことと言えば今年は10連休になったおかげで、座間味島は宿も取れないほどの観光客がたくさんでした。

私たちは毎年変わらずGWはサバニ合宿です。

まずは艇庫から港まで山あり谷ありの約1kmを陸路で移動し、艤装です。

艤装も毎日やっていると早くなりますね

そして今回のGWは新月の大潮に大当たり!
干潮時には安室島まで歩いて渡ることができる、2時間(くらい)限定の橋が架かります♡

良いことありそうでしょ!

ここに私たちはサバニで上陸しました。

そして毎年、ほぼ、ここでしか会わない宿の常連さんダイバーや
キャンプ場をベースにしているヨットマンの方々に
今年もサバニに乗っていただきました。

特に同じ宿のテリーさん、1日3本潜ったあとのサバニ部皆勤賞!
いつもありがとうございます。

夕日に浮かぶサバニは素敵ですね

今年のレースも頑張るよ!!


サバニ文化復興に関する調査@糸満

現在進行中の研究調査のため、現役サバニ船大工の大城清さんのところへお邪魔させていただきました。

今回も貴重な資料やお話しをたくさん伺うことができました。
職人にしては珍しく、たくさんお話ししてくれる清さん。ありがたいです。
私たちの2艇目となるサバニも来年秋には着工するとの報告を受け、楽しみがまた1つ増えました。

現在着手しているサバニはまもなく完成だそうです。大東島で展示されるものだそう。少しの狂いもない職人の技に魅了されました。

サバニ帆漕レースは鳥肌のゴール!!

今年もサバニ帆漕レース(座間味島〜那覇港 約36km)に参加してきました!

今年は千足耕一艇長(ボス)はじめ、研究室OB、レース2年目の参加となる山本勉 氏(カヤックガイド)・松本行弘 氏(朝日新聞社)などクルーは全6名、伴走艇にはまんぼう(ヨット)オーナーの宮良竜也様、寺澤寿一様に今年もサポートをしていただきながら、山城洋祐総監督、東京海洋大学政策文化学科応援団として高橋周先生と中原尚知先生にも声援をいただきながらのチャレンジとなりました。

応援があると、また違った意味で気持ちが引き締まります。

6月23日は沖縄の「慰霊の日」。この日に合わせて梅雨明けとなり、プレレース(島内レース・約10km)が開催されたました。津梁は121分30秒(16チーム中16位)かけてどうにかフィニッシュしましたが、流れに捕まりながら苦戦しました。

漕いでも漕いでもなかなか景色が変わらない・・・

こんなところでリタイアするためにこの1年間練習をしてきたんじゃない!
・・・と、苛立つ気持ちを抑えながら漕ぎ、なんとかゴール。
今年もサバニの神様は私たちに海況を渡らせてくれないのか・・・と思うほど。

本レース(約36km)は梅雨明けを知らせる南西風(カーチベー)に乗ってスタートし、35杯のサバニ艇が慶良間海峡を駆け抜けました。

外洋に出ると20ノットを超える風が吹くなか、津梁は風とうねりをつかみながら、時には6.7ノットのスピードを出し他のチームと抜きつ抜かれつのレースを展開することができました。

レース結果は、4時間49分41秒で3年ぶりに完漕。

サバニクラスでは13チーム中9位、全体では35チーム中25位でした。
私たち津梁がゴールした時には10分間に6チームがゴールをするといったデッドヒートとなりました。

チーム津梁は、座間味島や沖縄本島、伊江島のサバニに関わる方々をはじめ、たくさんの方に支えていただきながらレースに参加できております。
サバニのメンテナンス以外にも湘南や沖縄本島、座間味島にてビギナーを乗せたり他チームのクルーと漕いだりしながら修行を重ねています。

これからもサバニ帆漕レースへの参加を継続していく所存です。

引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

今年のレースでは、海・風・波・うねりと調和することで上手くいくことを身をもって学びました

サバニにサバ(サメ)油を塗ってきました

今年もサバニに油を塗る季節となりました。

・・・ということは、私も1つ歳をとりました。
毎年、サバニに乗って油を塗りながら誕生日が迎えられて幸せです。

 

10月31日〜11月4日、レースの後十分な片付けができずにいて気になっていたサバニの様子を見てきました。

座間味島の集落対抗ハーリーレースにうちのサバニをお貸ししていて、今年はハーリーの片付けも忙しかったのかな(?)サバニの中に残っていたであろう海水がそのまま塩の結晶となって乾燥していました。

まずは慶良間の海に浸けてあげようと思い、安慶名敷島までふたりで漕ぎ、感触を確かめてきました。

慶良間の海の青さが大好きです

島に滞在していた3日間は、ひとしきり海で遊び、今回のレースで破損した波切り板を作り直し、その他ちょこちょことサバニの整備をして、いよいよサバ油を塗って乾かしておしまい。

今回も川奈からいただいたサメの肝臓を煮て肝油を作ってきました

油を塗ると色も艶も違いますね!!

場所によっては油の吸い込みが良いところをそうでもないところがあって、木も呼吸をしているんだな・・・と思います。

 

バースデーメッセージをくださった皆さま、Thank You !!

また来年も慶良間の海で泳いでサバニに乗って誕生日を迎えられますように。

この1年もみんなが健康で元気に過ごせますように。

海はまだまだ温かく、ウェットなしでも泳げます

 

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE