こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

アーカイブ : 2017年の投稿記事

年末青森番外編

指導員研修会から弘前大学の実習までの間、アーティストGOMAのライブアートを見に行かせていただきました。

そう、小玉倫也くんです。

数週間前にはBSフジで2週にわたり密着取材を放映されていました。

倫也、有名になりましたね。

それにしても素敵な作品でした。クリスマスにピッタリ。

ブルーライトで蛍光に光る作品、すごくキレイでした

 

それからもう1つ。

弘前大学教育学部附属特別支援学校校長の岩井康賴先生の講演会。

附属幼稚園の小玉園長先生に連れて行っていただきました。

岩井先生は美術がご専門で、美術作品を通して特別支援学校の子どもたちの教育をされていました。

子どもたちが泥だらけになって泥で絵を描いているものや、プロジェクターに写る影を筆でなぞった作品など、とても面白い工夫をされている授業の様子が紹介されていました。

私たち野外教育の分野では「生きる力」を取りあげることがありますが、美術の分野でも「生きる力」というワードが出てくるとは思ってもみませんでした。
いきなり共通項があったような、嬉しい感じ。

普段あまり聞くことができない内容のお話しを楽しく聞かせていただきました。

弘前大学 ウィンタースポーツ実習

青森県スキー連盟指導員研修会から引き続き、弘前大学ウィンタースポーツ実習にお邪魔させていただいてきました。

私も滑りながら、全日本スキー連盟スノーボード専門委員の小玉先生が指導する初級者指導をじっくり勉強させていただきました。

以前から全日本スノーボード技術選手権大会に出場する青森県デモや選手たちに声がけしている小玉先生を側で見てきましたが、私は小玉先生の指導法はとてもわかりやすくて、大好きです。

今回の実習は青森県を代表する指導者が勢揃い。
桜庭先生、八木橋先生、大田先生、私と準指同期の倫也。

 

年末の爆弾低気圧が停滞していて、猛吹雪のなか安比に移動しましたが、雪道運転も勉強になりますね。
前の車との車間距離をあけつつ、でもできるだけ見失わないように、前の車を目標物にしていきます。

 

前を走る観光バスが地吹雪でいなくなった?!

そのくらい地吹雪がすごかった。
緊張感があります。

 

ゲレンデも-10℃。

さ、寒い・・・

そんな天候をものともせず、コダマ親子が担当する初級班はターンが不安定だった学生もメキメキ上手くなり、カービングしだしていますよ!

マジか。

小玉先生の指導法、コダマメソッド進化してました!

私も引き出しを1つ増やして帰ろう。

やっぱり親子。指導者ふたりの立ち姿は似ています(笑)

青森県スキー連盟 指導員研修会

12月23・24日、今年も青森県スキー連盟指導員研修会を受けに青森スプリングスキーリゾートにやってきました。

今年は私たち県外の大学関係者は総勢12名。仲間が増えてきました。

今シーズンも2月末まで実習三昧。

スノーボードの楽しさを学生たちに伝えていきたいと思います。

暑い!いつもの鯵ヶ沢じゃないみたいです。後ろの直立不動で立っているオレンジのお2人、大きいのに面白いですね。

いつも、ホテルでの過ごし方を考えているのですが、雪国ではなかなか運動量を増やすことができないな・・・と思っています。

でも、ここ青森スプリングスキーリゾートにはトレーニングルームがあり、お風呂前のひと運動ができるのが嬉しいですね。
それにしても、このホテルでこんなにハードにマシンを使うのはきっとこの時期だけ・・・なのでしょうね。

大男HさんKさん2人がトレッドミルが壊れそうな勢いでガシガシ走っております(笑)

2017-18シーズン 初滑り!

12月16・17日、今年も丸沼高原スキー場にてシーズンイン。

しっかり滑って足慣らしができました。

例年よりは雪が多く、動いているリフトも多かった

ゲレンデのあちこちで茨城県連の指導員研修会が行われています。

今年は全日本スキー連盟の赤本と言われている指導教本が届いていないとか。

大丈夫なのでしょうか??

大阪・神戸 弾丸観光

12月のある週末に、所用で関西方面へ行くことになり、あまり関西方面に詳しくない私は弾丸観光をしてみることにしました。

大阪・神戸をしっかり見て回るなんて・・・ほぼ記憶にありません。

そこで、神戸出身のボスから情報をいただいて、海遊館という水族館へ行くことにしました。

海遊館入場券と1日地下鉄乗り放題が一緒になったきっぷ

QUOカードのようなきっぷ。改札口が本当に開くのか・・・少しドキドキ。

方向音痴の私は何度も電車の経路を調べ、問題なく最寄り駅に到着。
駅を降りてからもスマホ片手に道順を確認しながら、無事に海遊館にたどり着くことができました!

よかった・・・

たくさんの子どもたちに紛れて、水槽ににかぶりついておりました。

水族館は良く見せるようになっていて、楽しいです!

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE