こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

アーカイブ : 2015年の投稿記事

夏後半からの活動をまとめてアップ

しばらくアップが滞っておりました・・・。
ということで、8月中旬以降もダイビング実習のお手伝いや登山、ハイキングなどに出かけておりました。
その一部をご報告させていただきます。
まずは8月中旬から下旬にかけ、上智大学および埼玉県立大学のスクーバダイビング実習のお手伝いをさせていただきました。
ここでもたくさんの若いダイバーが誕生!
みなさん生涯の趣味として続けてくださいね。

 

そして、場所は駿河湾から若狭湾に移り、至学館大学水辺実習で日本海の海を堪能してきました。
さすが、体育学科の学生たち。慣れてきたらスキンダイビングもずいぶん余裕が出てきています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

新潟県の妙高山登山に行きました。
これもなかなか私をトレーニングさせてくれる山でした!
山頂付近の鎖場は緊張感があって楽しかった。

2妙高

 

夏の実習の合間に、有志の仲間の先生方と「ゴルフ研究会」と「釣り部」が発足!
これまた楽しいアクティビティが2つも増えました。
釣りの釣果はカワハギ30枚と小鯛、トラギス。
早朝につり上げたカワハギを朝食に出していただき、肝醤油でいただくという、至福の時間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナイターゴルフを初体験。鹿たちに見られながらのショットは緊張しますなあナイターゴルフを初体験。鹿たちに見られながらのショットは緊張しますなあ

 

秋も深まりつつある10月下旬、明治大学ゼミで沼津でのダイビングと高尾山から陣馬山を目指すハイキングへ出かけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉にはまだ少し早かったか・・・
でも、この景色を見ると気分も最高です!

3.5高尾山 第1班_5884

 

6月に開催されたサバニ帆槽レースから5ヶ月。
そろそろメンテナンスをしなくては・・・、
ということで、伊東市川奈漁協さんからいただいたサメの肝臓をコトコトと煮詰め、
自家製肝油を持参して、沖縄の座間味島へ行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

学会や講演会にも出席しました。
第4回日本海洋人間学会、日本野外教育学会関東ブロック研究会、安全潜水を考える会。

日本野外教育学会関東ブロック研究会では、「自然を観る」をテーマとして、千葉県館山市で活躍中のプロ・カヤックガイド、藤田健一郎さんと本学会理事で森林総合研究所所属の大石康彦先生に、自然をどのように観ているのかについてお話しいただきました。
異なったフィールドにおける共通点、それぞれから学ぶことのできる点を見だすというテーマで活発なディスカッションが行われました。

カヤックガイドの藤田さんのお話はカメ、イルカ、植物、鳥など視点がいっぱいで楽しいお話でしたカヤックガイドの藤田さんのお話はカメ、イルカ、植物、鳥など視点がいっぱいで楽しいお話でした

 

スクーバダイビングにはたくさんの教育指導団体がありますが、その垣根を越えた勉強会に私のボスである千足耕一先生が登壇し、私も調査に協力させていただいたダイバーの健康管理に関する現状を報告させていただきました。

7考える会

マリンスポーツ実習@渡嘉敷島 〜やっと島に渡れました!

沖縄カヤックセンターの浜比嘉ベースに2泊お世話になり、実習3日目。
なんとかフェリーが出られそうな波浪情報だったので、早朝から掃除や片付けを行い、7:00にはベースを出発。

港に到着してみると、「フェリーは出ますが、島の全ビーチはクローズです」と、観光協会のお姉さんが叫んでいます。
国立青少年交流の家キャンプ場に滞在予定の私たちには関係なし。

行きましょう!!

まずは到着して目の前の渡嘉志久ビーチでスキンダイビング。
水は少し濁っていますが、カメさんとも一緒に泳ぐことができました。
やっぱり島の海は色が違いますねやっぱり島の海は色が違いますね

夜にBBQをしていると、いつの間にか焚き火が始まっています。

燃えるゴミは燃やす、火をたいてハブ&虫よけ

知らず知らずのうちに学生たちが身につけたサバイバルテクニックです。
テントで寝る心地よさ、シャワーのありがたさが身にしみます。

学生たちも良く潜り、楽しんでいる様子学生たちも良く潜り、楽しんでいる様子
実習4日目。
最終日のこの日は阿波連ビーチから渡し船でハナリという無人島でのスキンダイビング。
ハナリの周辺はダイビングポイントにもなっているほどサンゴや魚たちの群れがキレイで飽きません。

3月に下見に来てからいろいろと計画をしてきましたが、自然の力には太刀打ちできません。
自然に合わせて生活をすることの心地よさ、与えられた状況を楽しめる能力の重要性を改めて感じた実習でした。
思い返せばそれほど過酷なわけではありませんが、先の状況が読めない中での実習は、スタッフ間でも人としての幅や人間性が良くも悪くも表れ、これが野外教育につながっているものだと感じます。
3泊4日の実習は濃く、長く、楽しいものでした。学生やスタッフとここまで近い距離で過ごした実習はここ近年ありませんでした。
大変でしたが後になれば楽しい思い出ですね。

マリンスポーツ実習@渡嘉敷島・・・のまえに浜比嘉島

DSCN9227
2015年8月7日〜10日、マリンスポーツ実習が沖縄県渡嘉敷島で実施される予定でした。
この日は台風13号が沖縄県に接近中。
前日入りしていた、私たちスタッフも天気図や台風進路図を見ながらだいたい予想はしていました。
東京を出発する際にも実習の延期も考えていましたが、すでに沖縄入りしている学生が数名いたことなども考慮して、結構を決意。

台風13号接近により全便欠航です。さて、代替えプログラムのスタートです。台風13号接近により全便欠航です。さて、代替えプログラムのスタートです。

フェリー発着場となる泊港に行ってみると、集合時間の9:00には学生26名、全員集合しています。
「台風でも何かやるだろう」と何の疑いもなく集合するところは海洋大生のすごいところ。さすがです!

まずは、いつも沖縄でお世話になっている沖縄カヤックセンター2代目の仲村忠徳さんに助けていただき、浜比嘉島にある沖縄カヤックセンターの浜比嘉ベースに2泊お世話になることに。

沖縄カヤックセンター浜比嘉島ベース。ガスも電気もありません。さて、学生たちはこの状況をどう楽しめるか、こちらとしてはワクワクですが・・・沖縄カヤックセンター浜比嘉島ベース。ガスも電気もありません。さて、学生たちはこの状況をどう楽しめるか、こちらとしてはワクワクですが・・・ ベースには雨水しかないため、飲料水は近くの公園からその都度運びますベースには雨水しかないため、飲料水は近くの公園からその都度運びます

台風の影響で海にも入れないため、ベース周辺を散策したり生活の環境整備を始めます。
明るくなれば目を覚まし、暗くなれば焚き火をたいて火のまわりに人が集まる。
自然のリズムに合わせた生活は久しぶりですが、苦痛じゃないのも事実で過去の経験を思い出します。
お風呂には入れないのが当たり前になる生活が3日も続くと、公園の水道がありがたく感じます。
仲村さんのはからいで、雨水を利用して五右衛門風呂を作りました。お湯に浸かるとサッパリします。

焚き火の火は良いですね。ずっと見ていていられます。焚き火の火は良いですね。ずっと見ていていられます。

さ、実習2日目も終わり。
明日は1泊でも日帰りでも渡嘉敷島へ渡れるか?!
フェリー、がんばって!

水圏環境リテラシー学実習@館山 坂田ステーション

8月2日〜6日の4泊5日、館山の坂田ステーションに於いて水圏環境リテラシー学実習が実施されました。
今年の実習はシーカヤック、磯観察、海藻おしばのプログラムが行われ、今年も蒼々たるスタッフの方々にご指導いただきました。

「シーカヤックでは目的地へ行くことが目的ではなく、風に翻弄されたり潮の流れを感じたり気象海象をはじめ様々な条件から目的を変更することになったという過程が大切で、もともとの目的地へたどり着かなかったことはたいした問題ではない」とのシーカヤッカー・ガイドの藤田先生の言葉が心に響きました。

毎年この実習ではシーカヤックで旅をする一流のカヤッカーの先生方と一緒に過ごすことができ、いつも刺激をいただきます。
みんな初めてのセルフレスキューの練習に悪戦苦闘していますが、身につけるべき大切なテクニックですみんな初めてのセルフレスキューの練習に悪戦苦闘していますが、身につけるべき大切なテクニックです

実習のメインプログラムであるツーリングの日は天候に恵まれましたが南風が強く吹きました実習のメインプログラムであるツーリングの日は天候に恵まれましたが南風が強く吹きました

水泳実習@富浦ステーション

フレッシュマンセミナーに続いて7月26日〜29日、研修施設を館山の坂田ステーションから富浦ステーションに移して水泳実習をお手伝いさせていただきました。

オーシャンスイムとライフセービングということで、今年は全体の泳力が高く、班分けすることなく実習が進みました。
オーシャンスイムでは沖でバタフライをする余裕を見せる参加者もいたり。
毎年のことながら、充実した実習となりました。
ご指導いただきました澤栗先生、中塚先生には感謝申し上げます。
今年は泳力が高く、1時間ほどのあっという間の距離泳でした今年は泳力が高く、1時間ほどのあっという間の距離泳でした
チューブレスキュー、ボードレスキューとも徐々に様になってきていますチューブレスキュー、ボードレスキューとも徐々に様になってきています

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE