こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

カテゴリー : こぶたと海洋スポーツ

サバニレースの合間に学会とか研修会とか

1年間のメインイベントの1つであるサバニレースは私の中では何においても優先されるスケジュールなのですが、その合間に学会で発表したり、研修会などのサポートをさせていただいておりました。

まずは6月16日〜18日に日本野外教育学会がオリンピックセンターにて開催されました。
今回は第20回大会という節目ということもあり、国際シンポジウムやワークショップなど多くの企画が準備されました。
なかでも記念講演としてお話しいただき、今治夢スポーツ代表の岡田武史 氏の講演はとてもざっくばらんにアイデア溢れる楽しい講演でした。
テレビで見る岡ちゃんはもっと小さいかと思っていましたが、まわりの選手が大きいのね。
アイデアマンで実行力のある方だということがとても良く伝わりました。

金曜日にもかかわらず国際シンポジウムも盛況でした 20回大会実行委員長の筑波大学 坂本先生。お疲れさまでした。 ユーモア溢れる岡田武史氏の講演はとても楽しく聞かせていただきました

 

学会最終日にはその足で羽田へ向かい、渡嘉敷島にある国立沖縄青少年交流の家へ向かいました。
これは国立青少年教育振興機構の職員の方を中心とした水辺安全管理研修会で、サバニレースや私たちの実習でもお世話になっているカヤックガイドの大城敏さんとボスが講師、私は参加しながらのサポートをさせていただきました。
基本的な実践方法から職員の方の技術向上まで、理論研修がもったいないくらいのケラマブルーの海でこのような研修ができる施設職員の方々は、とても恵まれている環境にいらっしゃると思います。

スノーケリングエリアを飛び出すとすぐにカメさんが。あのエリアなんとかなりませんかね・・・ ボスはスノーケリング担当講師でした。この夏もこの施設でお世話になります。 カヤック担当の漕店代表の大城敏さん。空き時間は翌週のサバニレースの話で盛り上がりました 人によって沈脱の指導も様々。勉強になります。

 

そして最後は沖縄から東京を経由して福井県海浜自然センターへ移動です。
こちらもこの施設で指導ボランティアをされている方のレスキュー技術指導の研修会です。

理論・スノーケリングの安全指導・レスキュートレーニングなど 沖縄から一転して日本海の海はシブイです 皆さん、普段あまり慣れないレスキュースキルに苦戦している様子でした

夏はあっという間に過ぎてしまった

気がつけばロンTを着ているではないですか!

もう11月です

5月の台湾での学会報告以降、更新が途絶えておりました。

夏は相変わらず忙しくしており、実習が続いて、続いて・・・
気がつけば肌は小麦色を飛び越えて、「ハワイの方ですか?」と声をかけられる始末。

と言うことで、

私の記憶から消えてしまわないうちに、夏の活動の様子を一気にアップいたします。

(サバニレースの報告は改めて更新しようと思います)

 

7月1週目・2週目の週末にプール実習を実施

海洋科学部の海洋環境学科・海洋生物資源学科の1年生全員を対象に遠泳指導、海洋政策文化学科の1年生を対象にスノーケリング指導を行いました。

今年も非常勤の先生方や水泳部の学生たちと1年生の指導にあたりました今年も非常勤の先生方や水泳部の学生たちと1年生の指導にあたりました

7月 水泳実習@富浦ステーション

ライフセービングの技術やオープンウォータースイミングを行う水泳実習です。今年は時期が早かったせいか、天候には恵まれました。

泳ぎに自信がなかった参加者も、実習最終日には余裕さえ感じられました泳ぎに自信がなかった参加者も、実習最終日には余裕さえ感じられました

7月 海洋工学部遠泳実習(1年・2年)サポート

本来、海洋工学部1年生の必修である遠泳実習ですが、昨年は台風の影響のため今年度に繰り越され、私たちスタッフは1年生・2年生とロングランの実習となりました。
このために時間を割いて全国から集まってきてくださった非常勤の先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

私はSUPでサポートをしましたが和船サポート隊も出動しました私はSUPでサポートをしましたが動力船サポート隊も出動 グループハドルの様子グループハドルの様子 泳力班ごとの遠泳泳力班ごとの遠泳

7月25〜28日 海洋政策文化学科フレッシュマンセミナー@館山(坂田ステーション)

1年生のフレッシュマンセミナーでは館山市役所経済観光部、東安房漁業協同組合、鴨川シーワールド、外房捕鯨株式会社を訪問させていただきました。

坂田ステーションではスノーケリング坂田ステーションではスノーケリング 外房捕鯨株式会社を見学。この日、鯨はあがりませんでした外房捕鯨株式会社を見学。この日、鯨はあがりませんでした

 

サバニ練習@座間味島

2ヶ月後のサバニレースに向けて、練習をしに行ってきました。

沖縄の水温23℃、もう十分温かいです。

座間味島のチームはまだ練習が始まっていない様子でしたが、貴重な島での練習なので漕ぎましたよ!

今年はどんなレースになるのか、那覇まで渡れるのか、ワクワクです!!

DSC_0671

海開き前の沖縄

ヤマモモが熟しはじめていましたヤマモモが熟しはじめていました

3月の終わりに、サバニや艇庫の整備・掃除に行ってきました。

海開き前の沖縄はライフセーバーもいないビーチでのんびり泳ぐことができます。
水温23度くらい、カメと泳ぐには30〜40分くらいが限度になる水温ですが、十分でしょ。
観光に来ている外国人さんたちはオンリー水着で泳いでいますから、それはまだちょっと寒いかもね。

4月はバタバタしながら新年度が始まるんだろうな・・・と思いつつ、良いenergy chargeができました。

やっぱり海に浸かるとスキッとするね。

4月からも頑張ろう!

サンゴもカメも元気ですサンゴもカメも元気です

夏後半からの活動をまとめてアップ

しばらくアップが滞っておりました・・・。
ということで、8月中旬以降もダイビング実習のお手伝いや登山、ハイキングなどに出かけておりました。
その一部をご報告させていただきます。
まずは8月中旬から下旬にかけ、上智大学および埼玉県立大学のスクーバダイビング実習のお手伝いをさせていただきました。
ここでもたくさんの若いダイバーが誕生!
みなさん生涯の趣味として続けてくださいね。

 

そして、場所は駿河湾から若狭湾に移り、至学館大学水辺実習で日本海の海を堪能してきました。
さすが、体育学科の学生たち。慣れてきたらスキンダイビングもずいぶん余裕が出てきています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

新潟県の妙高山登山に行きました。
これもなかなか私をトレーニングさせてくれる山でした!
山頂付近の鎖場は緊張感があって楽しかった。

2妙高

 

夏の実習の合間に、有志の仲間の先生方と「ゴルフ研究会」と「釣り部」が発足!
これまた楽しいアクティビティが2つも増えました。
釣りの釣果はカワハギ30枚と小鯛、トラギス。
早朝につり上げたカワハギを朝食に出していただき、肝醤油でいただくという、至福の時間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナイターゴルフを初体験。鹿たちに見られながらのショットは緊張しますなあナイターゴルフを初体験。鹿たちに見られながらのショットは緊張しますなあ

 

秋も深まりつつある10月下旬、明治大学ゼミで沼津でのダイビングと高尾山から陣馬山を目指すハイキングへ出かけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉にはまだ少し早かったか・・・
でも、この景色を見ると気分も最高です!

3.5高尾山 第1班_5884

 

6月に開催されたサバニ帆槽レースから5ヶ月。
そろそろメンテナンスをしなくては・・・、
ということで、伊東市川奈漁協さんからいただいたサメの肝臓をコトコトと煮詰め、
自家製肝油を持参して、沖縄の座間味島へ行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

学会や講演会にも出席しました。
第4回日本海洋人間学会、日本野外教育学会関東ブロック研究会、安全潜水を考える会。

日本野外教育学会関東ブロック研究会では、「自然を観る」をテーマとして、千葉県館山市で活躍中のプロ・カヤックガイド、藤田健一郎さんと本学会理事で森林総合研究所所属の大石康彦先生に、自然をどのように観ているのかについてお話しいただきました。
異なったフィールドにおける共通点、それぞれから学ぶことのできる点を見だすというテーマで活発なディスカッションが行われました。

カヤックガイドの藤田さんのお話はカメ、イルカ、植物、鳥など視点がいっぱいで楽しいお話でしたカヤックガイドの藤田さんのお話はカメ、イルカ、植物、鳥など視点がいっぱいで楽しいお話でした

 

スクーバダイビングにはたくさんの教育指導団体がありますが、その垣根を越えた勉強会に私のボスである千足耕一先生が登壇し、私も調査に協力させていただいたダイバーの健康管理に関する現状を報告させていただきました。

7考える会

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE