こぶたのつくりかた - 海も山も大好きなこぶたが自然からもらったたくさんのenergyを紹介します

カテゴリー : こぶたとサバニ

サバニにサバ(サメ)油を塗ってきました

今年もサバニに油を塗る季節となりました。

・・・ということは、私も1つ歳をとりました。
毎年、サバニに乗って油を塗りながら誕生日が迎えられて幸せです。

 

10月31日〜11月4日、レースの後十分な片付けができずにいて気になっていたサバニの様子を見てきました。

座間味島の集落対抗ハーリーレースにうちのサバニをお貸ししていて、今年はハーリーの片付けも忙しかったのかな(?)サバニの中に残っていたであろう海水がそのまま塩の結晶となって乾燥していました。

まずは慶良間の海に浸けてあげようと思い、安慶名敷島までふたりで漕ぎ、感触を確かめてきました。

慶良間の海の青さが大好きです

島に滞在していた3日間は、ひとしきり海で遊び、今回のレースで破損した波切り板を作り直し、その他ちょこちょことサバニの整備をして、いよいよサバ油を塗って乾かしておしまい。

今回も川奈からいただいたサメの肝臓を煮て肝油を作ってきました

油を塗ると色も艶も違いますね!!

場所によっては油の吸い込みが良いところをそうでもないところがあって、木も呼吸をしているんだな・・・と思います。

 

バースデーメッセージをくださった皆さま、Thank You !!

また来年も慶良間の海で泳いでサバニに乗って誕生日を迎えられますように。

この1年もみんなが健康で元気に過ごせますように。

海はまだまだ温かく、ウェットなしでも泳げます

 

今年のサバニレースは・・・!

これまで、この日まで、ずいぶん練習&サバニの整備をしてきました。

いよいよ

7月1日プレレース(島内レース)、2日海峡横断(本)レースです!

昨年に引き続き、座間味島では宮平善文様宅に民泊させていただき、伴走船にはヨット「まんぼう」オーナーの宮良竜也氏と寺澤寿一氏にサポートいただきました。

クルーは千足耕一艇長と私の他、ゼミ4年生2名、大学院1名、ゼミOB1名、そして交友のあるカヤッカー山本勉氏(saltys代表)と松本行弘氏(朝日新聞社)の総勢8名のチームで挑みました。

サバニクラス、ニーサギクラス合わせて40チームが参加。

プレレースは現役のゼミメンバーを中心に、小潮のはずなのに川のような激流のなか17チーム中14位でフィニッシュできました。

うーーーん。

この前日に初めてサバニに乗った4年生2名を乗せた割には島内レースとはいえまずまずの結果ですね。

これも5月・6月と島に観光に訪れていた見ず知らずの人を乗せて漕いだ、私たちの練習成果でもあります。

レース直前のサバニが帆を揚げて並ぶ様子は、毎年見慣れていても鳥肌が立つほど格好良い!

本レースは、かつてないほどの厳しいコンディションでした。

風は南東、潮は逆潮。

ゴールとは真逆に吹いて流れています。

・・・漕ぐしかない・・・

このためにカヤッカーの山本さんにもクルーになってもらって練習を重ねてきたのだから、やろうじゃないですか!

沖縄カヤックセンター仲村さんに作っていただいた風見 横須賀の叶神社で買ってきた航海安全のお守り この日、沖縄の西で台風が発生。だから風向きがおかしかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒島を見ながら(景色が変わらず)1時間30分、途中あきらめて座間味島へ引き返すサバニ2艇、気がつけばチービシの裏側にいた私たち津梁。

完全に流されています。。

 

レースはタイムリミット7時間のところ、私たち津梁は6時間13分でチービシ沖でリタイア宣言をし、那覇まで伴走艇に3時間曳航されてゴールしました。

結果を見てみれば、リミット内にゴールしたのは40チーム中3チームのみ。

それでもあの厳しいコンディションはどのチームも同じ条件ですから、ゴールした3チームは素晴らしいと思います。

サバニの神様はまだまだ私たちに修行をしろと言っているようです。
まだ海峡横断を成功させるには早いと思われているのでしょうか。

めげずに頑張ります!!

また来年。

毎年のように私たちのチャレンジに賛同してご寄付・協賛・激励くださる皆さまに感謝申し上げます。

来年に向けて精進します。引き続き応援をよろしくお願いします

5月GWサバニ合宿 in 座間味島

今年はゴールデンウィークおよび6月9日(金)〜12日(月)の週末を利用してサバニ合宿をしてきました。

GWはクルーの合宿参加者が集まらなかったため、まずは帆柱を新しくし、さらにサバニに「や帆」というヨットで言うジブセイルを今年は付けてみようと、丸太から帆柱を切り出す作業から始めました。

サバニに合わせて太さや長さを調整することを繰り返し・・・

ついに完成!

そして、せっかくなので私たちの練習のために誰かを乗せて漕いでみようということで、偶然フェリーの中で会ったK大学のN吉先生が慶留間島で留学している小学生をつれて来島してくれました。

子どもたちも帆掛けサバニは知っていても乗ったのは初めらしく、とても楽しんでくれた様子でした。

海上に出る前に陸上でレクチャーをしています

港で作業をしていると興味を示す観光客の方に声をかけられ、新しい出会いがありました。

毎年GWに座間味に長期滞在されている逗子のヨットマンの方々が「是非のせてもらいたい」とのことで、ご一緒させていただきました。
セーリングしている際には常に風から目を離さずにいるところがさすがヨットマン。
初めてとは思えないほどサバニが安定していました。
調子が良かったので2日間で嘉比島・安慶名敷・古座間味ビーチとプチツアーをすることができました。

 

私たちにとって、初めての方を乗せるのはとても良い練習になりました。

最後に二人でもサバニを出し、嘉比島までトリップ。

サイコーな海で最高な練習ができました!

 

サバニレース2015 本レースは風警報のため島内レース!

前日のマリリンカップの興奮とほどよい疲労感が残る翌日の6月28日(日)、いよいよ本レース当日ですが、いきなり朝7:00に島内放送が入りました。

「本日のサバニ帆槽レースは沖合で風警報が発令されたため、島内レースといたします・・・」

やっぱりね。
昨日からの風が止みませんでした。 沖を見ると風波が白く立っているのがはっきりとわかります。 これで海峡横断は無理ですよ。
でも、那覇を目指さなくてもレースはレース。昨日のマリリンカップでさえあんなに大変だったのだから、気合いを入れ直していかないとやられてしまうってもんです。島内レースのルートは古座間味ビーチから安室島を回り込み、安慶名敷島、嘉比島を右手に見ながら回航する約10kmのルートです。 風向きからすると、まずは安室島を回るまでが第一関門だと確信しました。

安室島〜安慶名敷島〜嘉比島〜座間味港までの約10km安室島〜安慶名敷島〜嘉比島〜座間味港までの約10km

とは言っても、座間味島を含め慶良間諸島は昨年3月に国立公園指定を受けたほど海が美しく、古座間味ビーチはサンゴも大きく育っているような素敵な場所なので、レーススタートまではのんびり海を感じながら舟の調整をしていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

海の青さが違いますね!海の青さが違いますね!

いよいよ開会式が始まります。 まずは参加者全員でビーチクリーンから。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして本レース参加の全40艇のサバニが並ぶと迫力があります! OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
10:40を前にして、スタートのカウントダウン!

10,9,8,・・・3,2,1

プーー!!

スタートのホイッスルからそれぞれの艇へ乗り込み、一斉にスタート!スタートのホイッスルからそれぞれの艇へ乗り込み、一斉にスタート!

風が強いので我々は縮帆してスタートしました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時折10m近くの風と波、潮流に翻弄されながらのレースでした。マストが折れるチームや何度も沈する艇、ハードな海にもて遊ばれてリタイヤするチームがあるなか、私たちの「津梁」は嘉比島を回航する前に3時間のタムリミットが来てしまい、伴走船の宮平喜文さんとレース委員会がご配慮くださり、そのままコースをゴールまで走らさせてくださいました。

結果はリミットの3時間に間に合わず3時間35分。公式結果はDNF(Did Not Finished)です。それでも個人的にはハードで楽しい海を漕がせていただけて楽しい時間でした!

サメの肝臓を分けてくれたり、波板を用意してくれる川奈の皆さん、練習をさせてくださった葉山サバニクラブの皆さん、たくさんのアドバイスや助言をくださる沖縄の皆さん、東京の私たちの参加を快く受け入れてくださる座間味村の方々、そして運営の方々、一人ひとり挙げたら明日になってしまうほどのたくさんの方に支えられて私たちのチームの参加ができていることに心から感謝申し上げます。

表彰式ではアビーム賞(遠来賞)をいただきました。これは「今後も諦めずに参加しなさいよ」とのメッセージを感じます。もちろん来年も再来年もサバニクラスで参加しますよ! 完漕したにせよリタイヤにせよ、風と波に翻弄されながら同じ海を漕ぎ、同じゴールを目指した参加者の人たちとは、何か通じ合うものを感じた打ち上げパーティでした。胸が熱くなります。

もうすでに顔の皮がパリパリ剥けてきていますが・・、この後も実習が続くので良しとしよう。。

アビーム賞の盾をいただきましたアビーム賞の盾をいただきました

アビーム賞 サバニレース2015 スターティングリストはこちらから。
サバニレース2015 リザルトはこちらから。

P1060533P1060541

サバニレース2015 プレレース(マリリンカップ)

まずは座間味島の神様に安全航海のお祈りからまずは座間味島の神様に安全航海のお祈りから スタートを見守るマリリン。私たちのレースを見守ってくだされ。スタートを見守るマリリン。私たちのレースを見守ってくだされ。 マリリンカップはマリリン像前〜嘉比島〜安慶名敷く島〜古座間味ビーチの約7kmマリリンカップはマリリン像前〜嘉比島〜安慶名敷島〜古座間味ビーチの約7km

今年もサバニレースに参加するため、座間味島へやって参りました。

6月27日(土)にマリリンカップ、28日(日)に本レースです。

マリリンカップも3年前は4チームのエントリーだったのに、今年は13チームのエントリーです。
それだけサバニレースへの参加者が増えている、メンバー増ということでしょうか。

私たちは仕事の関係で25日(木)夜に沖縄本島、マリリンカップ前日の26日(金)の1便で座間味島へ入り、我らが東京海洋大学海洋スポーツ・健康科学研究室所有の「津梁」に新しい波板を取り付けたり、帆柱や帆の調整をした後、いるメンバーで練習を行いました。
スタート直前の様子。港からマリリン像前まで移動し、スタートですスタート直前の様子。港からマリリン像前まで移動し、スタートです

プレレース直前のマリリンカップ出漕メンバーたち。
私たちは海のコンディションの予想がついていましたが、初参加のメンバーたちはこのあとどんな海が私たちを待ち構えているか、どれくらいわかっていたのでしょうか・・・?
今年は4年生1名、大学院生2名とともにマリリンカップに参加です今年は4年生1名、大学院生2名とともにマリリンカップに参加です

レースは10:00スタート!
とにかく嘉比島を回るまでの向かい風と流れが厳しかった・・・
ほぼ全力の漕ぎでようやく嘉比島を回り込み、帆(フー)を上げ風に乗っていたところ、急に風がまわり帆がジャイブからさらにねじれ

ミシミシ!!

と、音を立てたかと思ったらフーザン(帆の横張のための竹)が折れていました。
その後は持ち前の気合いで漕ぎで乗り切り、約1時間半かけて無事に古座間味ビーチへゴール!
無事に回航することができ、明日のレースのスタート地点に移動できたというわけです。

そこで前日まで東京で会社の株主総会の看板持ちという大役を終えて飛んできた卒業生Kい君と、肋骨骨折中で伴走艇から支援のためだけにやってきてくれた5年生Tいら君が合流。メンバーが勢揃いしました。

そして夕刻から前夜祭です。
風が強いのが気になりますが、島の可愛いフラダンサーやエイサー同好会の皆さんが盛り上げてくれました。それにしても沖縄の夜は19:00過ぎても明るいので時間の感覚がわからなくなります。

そして、賑やかな前夜祭が終わり、宿に帰って皆さんが眠りについた頃、私は帆を抱えて針と糸を持ち、チクチクとフーザンの応急処置をしていたのでした。。

明日の本レースは風がやみますように・・・

DSCN9092DSCN9096DSCN9106

ページの先頭へ
× CLOSE × CLOSE